home security camera

外出先からも確認できる家庭用防犯カメラ

家庭用防犯カメラの中には、IoT技術によって遠隔地からカメラの映像を確認したり、映像を切り替えたり同じ画面に複数のカメラの映像を出して集中管理ができるようになっているものもあります。 こういった家庭用防犯カメラはインターネットやLANを利用し、それをブラウザ上の画面に出力するということをしていますが、こうしたインターネットと接続するカメラをIPカメラと言う場合もあります。 IPカメラを使用することにより、外出先からスマホで確認して、何かトラブルがある場合には不審者が去るまでは帰宅せず、安全を確認してから帰宅するということも可能となります。
こうした危機を利用する場合には、録画機器もネットワーク対応のものが必要となります。IPカメラの欠点は、大量の映像や音声のデータを送るために機器や回線の負荷が高くなり、録画画質や録画音質が低くなること、また設備の設定などに費用と知識が必要になることです。そのため、DIYではよほど詳しい人でなければ厳しいでしょう。
設置費用を含めると20万円はくだらないでしょうから、経済的にも負担は大きくなります。こういった形のホームセキュリティはセキュリティの機能としてはとても魅力的ですが、家庭用防犯カメラにどこまで求めるかをきちんと考える必要があります。

家庭用防犯カメラは位置によって注意がある

家庭用防犯カメラではその設置位置が重要になります。 基本的に家庭用防犯カメラは防犯のための家庭用機器ですから、屋内につけることはあまりありません。すると屋外につけることになりますが、場所によって考えるべきことが違います。
たとえば、屋根のない場所に設置することになるなら、その場合には雨風に対する対策が必要となります。屋根をつけてあげたり、ビニールなどで覆うなどの対策が必要となりますし、直射日光を避け、機器も夏の暑さや冬の寒さに耐えられるものを選ぶ必要があります。
駐車場などは家の室内からやや離れているため、不審者が何かを行っていても出て行って対応するのが間に合わないこともあります。こうした場合には、サーチライトなどと組み合わせて、相手を驚かせて、何かの行動に移るまでの時間を奪うことも肝心になります。そして、家庭用防犯カメラを使って見ている、又は録画していることがわかるように見える位置に設置する必要もあります。
また、カメラの映像を管理するためにも、録画機器や監視用の録画機器への配線なども考慮する必要があります。場所によっては屋外にケーブルが伸びることになるので、ケーブルの無事も確保する必要があります。 そういった点を踏まえるとDIYは難しく、専門業者に依頼する方が設置も楽で、防犯上も効果的な対策ができると思われます。

録画できる機能があるか確認をする

録画をする機能がついている家庭用防犯カメラを購入するようにしましょう。録画機能がついている物を購入してしまうと、少しだけ価格が高くなってしまいますが、なにかあった時に証拠を残す事ができます。金額を重視すると録画機能がついていない家庭用防犯カメラを購入してしまう事になります。
最近はスマートフォンなどで映像を確認する事ができるので、リアルタイムで見る事ができる場合もありますが、常に防犯カメラの映像を見ていると言うのは難しいです。録画をする事ができれば、いつ何があったのかを確かめる事ができます。実際に録画をする事ができない家庭用防犯カメラは、威嚇にしかならない事が多いです。証拠が残らないと分かれば不審者が自宅に侵入をしようと考えるケースもあります。録画機能がついている物とついていない物を見極める事ができる不審者もいるので、なるべく証拠が残る物を購入するようにしましょう。
またどれくらいの期間録画をする事ができるのかと言う部分も重要になるので、購入をする際はその部分までしっかりと考える必要があります。一日分しか録画をする事ができる家庭用防犯カメラでも十分ですが、後から気がつくと映像を確認できません。どれくらい長く録画できる物が欲しいのかまで考えて購入をしましょう。

家庭用防犯カメラを設置する場所と録画機能について

家庭用防犯カメラを設置する場所はとても重要なポイントになります。場所について、時間をかけてじっくり検討しておけば、家庭用防犯カメラのメリットを十分に引き出すことができるでしょう。まず設置する場所の強度は必ず確認しておいてください。どんなに性能のよいカメラでも、設置場所の強度が低ければ、すぐに外れてしまうことも多いです。確実に固定できることを重視して、場所を決定するようにしましょう。また場所によって、ネジやステンレスバンドなど必要な道具も違ってきます。適切な方法で固定できるように、しっかり確認しておきましょう。そして、最も効果が高そうな場所を見極めることも大切です。これを見誤ると、防犯カメラの効果が得られない可能性があります。つまり、不審者が侵入してきそうな場所に設置するということです。不審者は、玄関ではなく、窓やベランダから侵入することが多いので、確実に効果を出すなら、そちらを優先するべきでしょう。特に、1台だけ家庭用防犯カメラを導入するのであれば、場所の選択は慎重に行ってください。そして録画機能についてもチェックしておきましょう。せっかく設置しても録画時間が短い、録画データを記録するものが悪ければ十全に発揮することはできないでしょう。24時間記録し続けられるのかというものと、その録画データを長く保存し続けられるのかというポイントはあらかじめ確認しておくことが大切です。

録画機能付きの家庭用防犯カメラは犯罪抑止力抜群

敷地の広い工場や会社ではどうしても人の目だけでの防犯は難しくなってきます。窃盗や不法侵入などの犯罪に巻き込まれる前に、対策として録画機能付き家庭用防犯カメラを導入しましょう。セキュリティー会社と契約するよりも手軽で経済的です。企業用だけでなく家庭用もあるので手軽に設置できる時代になりました。そして何より見えるところに設置することですぐに効果が表れます。 防犯カメラが設置されているとわかる会社と何もしていない会社、どちらが狙われやすいでしょうか。犯罪者は家庭用防犯カメラで録画されることは絶対に避けたいはずです。万が一何かの事件などになったとしても、録画して証拠を残せるので犯人を捜す手掛かりを警察へ提供することが出来ます。また、外部からの侵入だけでなく内部での犯行も抑止することが出来ます。 従業員にもカメラ設置を公表することによって社内の犯罪も未然に防ぐことができます。犯罪だけでなく、従業員の作業を映像で見ることによって業務内容の改善や、作業効率を上げる方法を考えることにも役立ちます。費用が気になるところですが、レンタルするという選択肢もありますので一度試してみてはいかがでしょうか。何か起こる前に万全な体制を整えるために用途に合わせた家庭用防犯カメラを導入しましょう。


家庭用防犯カメラの録画機能で不審な人や物から守りましょう!車上荒らしやいたずらなどの防止に最適です!また録画することで、記録に残すことができ、怪しい物を発見することができます!

Information

Latest News

Top